--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴア・スクリーミング・ショウ 感想

2015年10月02日 20:00

|^・ω・)/ ハロー♪

前回書いたように今回はゲームの事を書いていきます。
ここ数ヶ月全くやる気の起きなかったエロゲを久しぶりにやる気になり
3年くらい積んでいた『ゴア・スクリーミング・ショウ』をプレイしました。
Black Cycから2006年に発売された9年前のゲームです。9年って書くとほんと昔の作品に感じますね・・・。

gssbanner.gif

「オカルティック恋愛AGV」と銘打たれているこのゲームは
基本的にホラー寄りでエログロが強いゲームになっています。
(グロテスクな表現は三段階に設定できます。自分は普通にプレイしました)

この部分で自分はかなり悩んでプレイしていませんでした。
いや、悩んでというよりも勇気が出なかった。が正解なのかもしれません。

OPは電気式華憐音楽集団
中でも有名な曲なのでゲームをプレイしていなくても聞いたことがある人は多いのではないでしょうか



■あらすじ
主人公・仁野 恭司は両親の渡米を期に数年ぶりに故郷に帰った。
そこで謎の少女ユカと彼女に付き従う異形の怪物ゴアと関わる羽目になってしまい、
平穏な日常に戻るために努力していく事に・・・。

■感想
上記でホラーのエログロといいましたがホラー要素が強いのは序盤~中盤にかけてだと思います。
そのほかはヒロインの成長や純愛、そしてプレイヤーが考察していくゲームに感じました。
プレイしてみると思ったよりも怖くもなくプレイ前になんで尻込みしていたのかという・・・。

√は全部で5つ。正確には6つなのかもしれませんがここでは5つとします。
信号ヒロインといわれているあかね、葵、希衣佳の3人と闇子、そしてユカです。

メインヒロインに思われている信号ヒロインですが正直このゲームはユカがメインヒロインだと思います。
信号ヒロイン3人→闇子→ユカとプレイしないといけないのですが
前半では謎で不気味だったユカがだんだんと伏線を回収するにつれてかわいく思い始め感情移入してしまいました。
『ゴアがヒロインだろ!』とかいう声もありますが(笑)

個人的には信号ヒロインでは葵√推します。
キャラの見た目はあまり好みじゃなかったんですが個人的にシナリオ好きでした。
闇子、ユカは伏線の回収になっているのでほんと面白いです。闇子後半からはマウスが止まりませんでした。
あとはユカ√が若干短く感じたのは少し残念です。ゴアの詳細も。

普通に読んでるとゴアは昔に封印された鬼とも取れるのですが
石がユカに入った時に生まれた別の怪物とも考えられる気がしました。
ユカを幸せにするためにやってきたとも思えたからです。
明確に明かされていないのでそこもプレイヤーの考え次第なのでしょうか。

三つ編みネコとお婆さんはネコがユカだと思ったのですが一体何が正解なのでしょうか。
逆に正解はないのが正解なのかもしれません・・・。

それと真白ENDと言われているENDもあるのですがBAD ENDでもなくあれはどう考察すればいいのやら・・・。
扉が開くは昔にあった再現をして~って事だと思うんですけど
元々屋敷に居たはずの真白が井戸にいるし、そこら辺がまず謎です。
なので上記では5√と書きました。

『ゴア・スクリーミング・ショウ 考察 』と検索すると色々と出てくるので
プレイ済みの方は調べて読むと面白いと思います。自分もなるほどな、という感じになりました。
レビューの癖に検索しろとか投げっぱなしだな!

書いててなお考察してたのですが本当にわかりません。
でもここまで考えさせてくれるゲームは中々ないので良いゲームというのは間違いないと思います。
そこまでプレイ時間の長い作品でもなく、グロ耐性が少しでもあるならオススメできる。
プレイしてよかった。そう思う1作でした。

この世の50.78%は怒りで出来ています 残りの44.2%は憎しみで出来ていて、さらにその残りの4.493%は糞尿です
そしてさらに0.246%が反吐、0.182%が空腹で出来ています

おしまい
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ster51blood.blog73.fc2.com/tb.php/822-cffb7769
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。