--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックロックシューター

2009年08月26日 00:11

ブラックロックシューターがアニメ化・・・。

そもそもブラックロックシューターって何???

dwiechwo.jpg

最近町とかでよく見かけるんですよね・・・。(袋、秋葉など)
あと雑誌でも

知ってることといえばhukeさんのイラスト程度。

と、言うわけで何なのか調べてみました。

ブラック★ロックシューター

2008年6月13日に、「初音ミクがオリジナルを歌ってくれたよ「ブラック★ロックシューター」」として「ニコニコ動画」に投稿、発表された。
アルバムのジャケット及び動画に使用されているイラストはhukeが担当。ツインテールの少女が描かれているが、これは「初音ミク」ではなく、「ブラック★ロックシューター」というhukeオリジナルのキャラクターである。
また、「ブラック★ロックシューター」に一目惚れしたryoが、このキャラクターの楽曲として制作したのがこの曲であり、「ブラック★ロックシューター」は、この曲のために作られたキャラクターではない。

歌詞は「初音ミク」から少し離れて書かれており、「色んなことから逃げたいが、現実は許してくれない。認めて欲しいし、何より自分の意味というものが欲しい。音楽だったら自分を表わせるが、音楽を辞めたら、色んな気持ちを諦める術を覚えて、その代わり安心して、毎日あまり悩まずに生きていけるかもしれない。そういう2つの気持ちが、行ったり来たりで常に不安定」という、「ブラック★ロックシューター」とryo自身を重ね合わせたものになっている。
hukeは、ryoに「ブラック★ロックシューター」のイラストをただ見せただけにもかかわらず、キャラクターに込めた想いや背景が全て歌詞に反映された、自分のイメージ通りの楽曲が出来上がっていたことに驚いたという。
ryo自らギターを演奏しているが、弾き方やコードやピアノに合わせるといったことは全部無視して弾かれており、それよりも「自分で弾くことに意義がある曲」だと語っている。『ランティス組曲 feat.Nico Nico Artists』などで歌い手を務めた、サリヤ人が楽曲に参加している。
「ニコニコ動画」上では同年6月15日付の「デイリー 総合 マイリストランキング」にて2作連続の1位、2008年12月時点で出版された書籍では累計の再生数が120万を突破したことが紹介され、初音ミク・ブームの中興を支えたという意味では前述の「メルト」に次ぐ人気の楽曲であるとして紹介されている。
この楽曲の反響を受ける形で、hukeのイラストを立体化したPVC塗装済み完成品フィギュアが「1/8スケールフィギュア ブラック★ロックシューター」としてグッドスマイルカンパニーにより商品化され、2009年8月に発売される予定となっており、2009年4月に放送された同フィギュアのテレビCM曲にも同曲が使用されている

との事。

えっと。hukeさんが作ったキャラをryoさんがはまってこの曲を作ったってことでOKなのかな?

ミク関連だけどミクでわないと。

曲名もキャラ名も「ブラックロックシューター」か

難しいなww

PVアニメ化が9月30日

2010年がガチアニメ?らしいです。

一応曲を



携帯用にURL

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3645817

再生数とコメ数がはんぱないのでコメ消ししたほうがいいかも。

まぁこんなかんじで^^

でわw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ster51blood.blog73.fc2.com/tb.php/128-873511f0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。